大野城市 司法書士斉藤事務所|相続手続き・家族信託

大野城市下大利駅前で司法書士無料相談

西鉄下大利駅西口前の司法書士・行政書士斉藤事務所は相続・相続放棄・時効・債務整理等の無料相談を随時行っています。

 

大野城市、春日市、筑紫野市、太宰府市、小郡市、久留米市及び近郊にお住まいの方々のくらしの法律手続きの相談でお役に立ちたいと思ってますので、お気軽にご利用ください。

 

司法書士・行政書士・宅建士等の資格があり、土地家屋調査士業務・宅建業務を行っていましたので法律手続きは経験豊富です。


アクセス便利な急行停車駅下大利の駅前事務所です。JR鹿児島本線利用の方にも便利です。

 

福岡県大野城市下大利1−13−8 下大利駅前ビル105
司法書士 行政書士 斉藤渉
福岡県司法書士会員登録番号 福岡第668号
簡裁代理業務認定番号 第429006号

 

 

主なご相談の案内

相続・遺言

相続手続き・相続人調査・相続登記・相続放棄・遺産分割
遺言書作成・生前贈与

家族信託 家族信託の説明・家族信託の組成方法
不動産登記 離婚に伴う財産分与、不動産個人間親族間売買、贈与等で所有権移転・抵当権抹消
商業登記 会社設立・本店移転・照合、目的変更等
債務整理(借金) 消滅時効援用・過払い金請求・任意整理・個人再生・自己破産
各種書類 各種契約書作成・内容証明作成

 

当事務所の相談の特徴

  • 資格が多いので、1か所で幅広く総合的な相談が出来ます
  • 土日、遅い時間の無料相談にも対応します
  • 初回1時間程度の無料相談です
  • 豊富な知識・経験で具体的な解決方法をご提案します
  • 相談後に営業することは一切しません
  • 相談後の手続きの依頼は不要です

下記の事項に該当する場合は、無料相談をお受けできませんのでご了承下さい。

 

   1.同一内容の2回目以上の相談
   2.当事務所が現在関与し、もしくは過去に関与した相手方からの相談
   3.相談内容に妥当性を欠く場合
   4.法律問題以外の問題の相談
   5.登記申請書類・訴状・答弁書等のチェックなど提出書類の内容に及ぶ判断

 

無料相談・問い合わせ

 

法律手続きで分からない事や相談したいことがありましたら、まずはお気軽に電話かメールでご予約ください。

 

司法書士に相談してもいいことなのか、具体的な相談事が判らないときは「ホームページを見て電話した」とおっしゃって下さい。

 

ご予約いただければ、土・日・祭日、夜間も対応いたします。

 

ご高齢、お体の不自由な方がいらっしゃるなら、電話で内容を確認したうえ、出張相談いたします。

 

TEL. 092-400-7600

 

e-mail saitou-office@beetle.ocn.ne.jp

 

斉藤司法書士事務所の場所

 

福岡県大野城市下大利1丁目13番8号 下大利駅前ビル105号
西鉄下大利駅西口広場前のビルの1階
JR鹿児島本線水城駅から徒歩7


業務案内

 

遺言・相続 不動産登記
相続人調査(戸籍の収集) 売買・贈与・相続等の所有権移転(契約書作成)
相続財産調査 抵当権設定・抵当権抹消
相続放棄サポート 親族間・知人間の不動産売買
遺産分割協議書 作成離婚に伴う財産分与
相続手続きサポート 建物新築に伴う登記
預貯金の解約・払戻し
不動産相続 商業登記
証券会社の相続手続き 設立登記
自動車の名義変更 役員変更・本店移転・目的変更登記
不動産売却サポート 債務整理
家族信託 消滅時効援用(内容証明)
家族信託組成コンサル 任意整理
家族信託契約書作成 個人再生
信託不動産の信託登記 自己破産
過払い金請求
契約書作成 取引履歴引き戻し計算

親族間売買契約書・贈与契約書・離婚契約書
信託契約書等

 

手続きの概要

相続・遺言
相続手続き 遺言書がある場合は遺言書の内容に従って、遺言書がない場合又は遺言書が有っても全員の合意で遺言と内容の異なる遺産分割を行います。相続手続きは戸籍の収集、遺産分割協議の後、預貯金・証券の解約・不動産名義変更等の手続きを行います。平日の昼間で慣れない手続きが多く、複雑な相続の場合はかなり面倒な手続きとなります。
相続人調査 遺言書がない場合の相続手続きでは、被相続人の出生時から死亡時までの戸籍・改正原戸籍・除籍等及び相続人の現在戸籍を収集します。
相続放棄 借金が多い・相続にかかわりたくない場合等は相続放棄を選択でき、初めから相続人にならないことになります。被相続人の死亡地の家庭裁判所に申述します。
遺産分割

遺言書がない場合は相続人全員で遺産分割協議を行い、遺産分割協議書を作成します。
遺産分割協議の方法には現物分割・代償分割・換価分割・共有分割の方法があり、これらの方法をミックスした遺産分割など自由にできます。

相続登記 遺言・遺産分割協議の内容に従って被相続人名義の不動産を相続人名義に変更する登記です。いろいろのパターンで戸籍・遺言書・遺産分割協議書等が必要書類となります。
遺言書作成 自分の財産の承継者を決めるため・相続争いを避けるために遺言書を作成します。自筆証書遺言・法務局保管自筆証書遺言・公証役場で作る公正証書遺言があります。
生前贈与 自分の財産を生きているうちに子・孫等に無償で譲渡する契約です。贈与税の金額を考えながら有利な贈与を選択します。
家族信託 自分の財産の名義を生きてるうちに子・孫等に変更して、財産を管理してもらう手続きです。生前贈与では権利がすべて移りますが、家族信託では名義は移りますが実質的な権利は移りません。
不動産登記
離婚に伴う財産分与 離婚の際に財産分与として不動産の譲渡を受ける場合があります。協議離婚の場合は離婚届提出後に法務局へ所有権移転登記申請をしますので、段取りよくしないと協力してもらえない危険があります。
不動産の個人間売買、親族間売買

不動産の売買で一番高くつく経費が宅建業者の手数料です。2000万円の売買でおよそ
66万円(税別)かかります。不動産業者を入れない個人間売買なら、経費を安く抑えることが出来ます。

商業登記
会社設立 株式会社、合同会社等の設立は法務局に登記申請をすることで完了します
本店移転・照合・目的・役員変更登記 会社の登記事項に変更があった場合は2週間以内に登記の申請義務があります
債務整理
過払い金請求 債務整理では金融会社に取引履歴を請求します。引き直し計算で過払い金がある場合は債務は残っていませんので返済する必要はなく逆に過払い金を返してもらいます。
消滅時効援用 過払いでない場合でも、最後の返済から5年以上経過していれば事項を主張できるかもしれません。
任意整理 裁判所を利用しない借金の整理方法です。支払い能力があれば、相手方との交渉で将来の利息を支払わずに、現在の債務額を分割して支払うことが可能です。
個人再生 裁判所を利用した債務整理で、おおむね債権額の8割程度をカットしてもらい、残りの2割を分割して支払う方法です。住宅ローンがある債務者が住宅ローンはカットできませんが、その他の債務を8割程度カットしてもらい住宅は手放さないで債務整理できます。
自己破産 裁判所の債務整理手続きで、個人再生を選択できない支払い不能の債務者が最終的に選択します。

 

 

 

福岡市及び近郊で法律相談ができるところ

法テラス福岡
福岡県司法書士会
福岡県無料相談
福岡県弁護士会
福岡市役所
大野城市役所
春日市役所

 

業務案内

業務案内

 

遺言・相続 不動産登記
相続人調査(戸籍の収集) 売買・贈与・相続等の所有権移転(契約書作成)
相続財産調査 抵当権設定・抵当権抹消
相続放棄サポート 親族間・知人間の不動産売買
遺産分割協議書 作成離婚に伴う財産分与
相続手続きサポート 建物新築に伴う登記
預貯金の解約・払戻し
不動産相続 商業登記
証券会社の相続手続き 設立登記
自動車の名義変更 役員変更・本店移転・目的変更登記
不動産売却サポート 債務整理
家族信託 消滅時効援用(内容証明)
家族信託組成コンサル 任意整理
家族信託契約書作成 個人再生
信託不動産の信託登記 自己破産
過払い金請求

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

更新履歴